FC2ブログ

ドル高や円安の判断基準は他の通貨ペアを見ないと分からない - FXは押し目買い、戻り売りだけやればいい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル高や円安の判断基準は他の通貨ペアを見ないと分からない

今は「ドル高」なのか「円安」なのか?というネタがあったので、この辺も、しっかり理解している方が有利なトレードができます。もちろん知識だけじゃダメですが。

FXだから通貨ペアの相関関係を知ってリスク管理しよう

FXトレードとディスプレイ(モニター)の数

 

ちなみに、ファンダメンタルズ分析とか、円の価値が上がるとか下がるとかの経済の話じゃなくて、テクニカル分析スキルを上げるための話です。

まずは、基本的なことですが、、、


 

「ドル高」イコール「円安」とは限らない

「ドル高」だからといって「円安」とは限りませんし、
その逆も然りで、「円安」だからといって「ドル高」とは限りません。

 

ただし、「ドル高」と「円安」は両方同時に発生することもあります。

 

例えば、「ドル円」の相場(チャート)が上昇していったら、「円安」と言われたりしますが、相対的な判断では「円安」と決めつけることはできません。

 

「ドル円」の相場(チャート)が下落していったとしたら、「円高」と思われそうですが、相対的に見たら「円高」と決めつけることはできません。

 

通貨と通貨の関係は、あくまでも相対的なので、他の通貨ペアも確認しないと比較ができないので分からないわけです。相対的に通貨ペアを見る、というのは、他の通貨ペアも確認(監視)するということです。

 

何故こんなことを書いたかというと、

こういうことを認識しておかないと、

例えばあなたが「ドル円」だけを見て「よしっ!ドルが強いからドル買おう!」と買ったら、ドルが強いのは円に対してだけでしたぁぁぁぁ、ってことにもなるわけですね。

 

FX相場全体で見たら、ドルはビリから2番目でしたぁぁぁぁぁ、って気付くかもしれないわけですね。

 

そうなると、どんな弊害があるかというと、予想以上にトレンドが伸びない、とか、不安定な波の中に飛び込んでしまったぁぁぁぁぁとか、なったりします。

 

円安トレンドと判断するためには?

ドル円が上昇した時点では、円安トレンドかもしれない、という推測が立ちます。ただし、上昇してるのはドル円だけで、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が下落していたりレンジだったりしたらどうでしょう?

 

円安とは言えないですね。 何故なら、その場合、相場を全体的に見て、円が売られているわけじゃなく、ドルが強く買われているだけかもしれないからですね。

 

なので、ドル円、クロス円がともに上昇した時点で円安トレンドと判断できます。

 

ドル高トレンドと判断するためには?

ドル円が上昇した時点では、ドル高トレンドかもしれない、という状態ですが、ユーロドル、ポンドドル、豪ドル米ドルが下落していたり持ち合いだったらどうでしょう?

 

ドル高とは言えないですね。 この場合、ちょっと通貨の並び方?が異なるのでややこしいかもしれませんが、

 

  • ドル円 ⇒ 上昇
  • ユーロドル ⇒ 下落
  • ポンドドル ⇒ 下落
  • 豪ドル米ドル ⇒ 下落

 

だったら、ほぼ間違いなくドル高です。相対的に見てドルが買われているというのは分かりますよね?混乱しちゃう人は、「ドル円の上昇」を「円ドルの下落」と考えてみてください。

 

念のために別の例(ユーロドル)も書くと

ユーロドルのチャートが下がったからといって、ユーロ安とは限らないわけですね。OKでしょうか?

 

ユーロが為替相場全体の中でそんなに弱くない(売られていない)状況だったとしても、ドルが異常なほど強い(買われている)状況ならユーロドルは下がる可能性があるということです。

 

逆に、ユーロドルの相場が上がったからといって、それだけではユーロ高トレンドとは見なせないわけですね。ドルが売られているだけかもしれません。

 

第三者(3つ目以降の通貨ペア)を見ないと、相対的な判断ができないというのは分かりますよね。複数の点をつなげて確定的な線にするイメージですね。

 

FXは複数通貨ペアの強弱と時間の経過でチャートが形成されるので!

 

直近の相場は?

で、直近の相場は

 

円安トレンド?

ドル高トレンド?

 

両方ですね。円安でもありますし、ドル高でもあります。

 

直近のクロス円とドルストレートの動きを見れば分かりますね。これらはもちろん時間の経過で変化していきます。

 

現時点では、ユーロドルと豪ドル米ドルが、節目の位置にレートがあるので、大きく変わってくる可能性も出てきましたが。

 

少しずつ相場全体を見る目を鍛える

トレンドの強さや、サポート・レジスタンスが機能するかどうか、ブレイクされるかどうかなど、複数の通貨ペアをしっかり監視しておくことで、トレードの確率論的に有利になります。

 

利大損小のトレードをするためには、伸びていく可能性が高いトレンドに乗る必要があります。それをするからこそ、1トレードで1000~3000pipsとかの利益も出せてしまうわけですね。

 

で、その、伸びていく可能性が高いトレンドに乗るためには、しっかり複数の通貨ペアを監視して、それぞれの通貨の強弱を把握しておいた方がよいんですね。

 

日ごろから、複数の通貨ペアと複数の時間軸を見ておくことで、相場全体を見る力は上がっていきます。いきなりは難しいので、少しずつです。

 

<技術的な関連記事>

 

<心理的な関連記事>
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oshimegai.blog.fc2.com/tb.php/82-0aa49d42

レバレッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。