FC2ブログ

自分でFXのトレードルールを作らなければならない3つの理由!! - FXは押し目買い、戻り売りだけやればいい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分でFXのトレードルールを作らなければならない3つの理由!!

無駄な挨拶は抜きでいきますよーー!

自分でFXのトレードルールを作らなければならない理由についてです。この記事をちゃんと全て読めば、「甘え」がなくなると思います。

 

1. 自分のスタイルに合っているか分からない

FXトレードの手法なんて無数にあります。手法がたくさんあるということは、もちろんトレードルールも無限に作れます。

 

ただ、誰かが実際に利益をあげている売買ルールを教えてくれたとしても、それが自分(の性格や生活スタイル)に合っているとは限りません。

 

損切りや利食いの基準も違いますし、タイミングも人それぞれです。人によってメンタルの性質も違います。

 

勝率重視の人もいれば、勝率1割で稼いでいる人もいます。
勝率が低いとメンタルがもたないという人もいます。

 

リスク許容レベルも違います。つまりトレードスタイルが違います。

いわゆるスイングトレードに慣れている人もいればデイトレードに慣れている人もいるので、慣れているロスカットレベルも違います。

 

 

(まぁ、トータルで勝つということを考えると、勝率は重要じゃないどころか、勝率を追求すればするほど負け組になり易い傾向があったりしますが。。)

 

2. 使い慣れていないツールの問題

自分が全く使い慣れていないテクニカル指標を元に作られたルールの場合、エントリー条件やエグジット条件を確認することすら困難になることもあると思います。

 

例えば、「RSIの値が70以上の状態からダイバージェンスが発生し、70以下でRSIの山が切り下げたら、その時点で2/3のポジションを分割利食いしてください」なんて言われても、RSIを使っていない人は、そもそもその条件を正確に確認することができないと思います。

 

トレードルールの中には、そのルールを作った人じゃないと分からないようなものもあると思います。

 

例えば、

 

・100SMAより価格が上にある
・20EMAが上方向に傾いている
・ボリンジャーバンドがスクイーズしていない

上記の条件を満たしている時に

・1/2の時間軸でMACDがゴールデンクロスする

 

というシグナルでロングのポジションを建ててください 。

 

仮にこんなルールがあったら、作った人は分かっているでしょうけど、例えば移動平均線の「傾き」とかボリンジャーバンドの「スクイーズ」とか、かなり主観的な判断要素が出てきます。

 

どれくらいの角度なら「傾き」っていうの?
どれくらいボリバンが収縮してたら「スクイーズ」っていうの?

って。

 

これらは、使用しているチャートソフトや、もっというと画面の横幅・縦幅のサイズによっても見え方が変わってくるので、トレードルールを作った本人しか使いこなせない可能性が非常に高いんです。

 

 

ルール・手法を作った本人ならば、その特性を理解しているはずなので、相場を自分で選ぶこともできます。

 

 

ちなみに、「ライン」を使ったルールは、もっとも主観が強く出ます。というか個人的には、「ライン(トレンドライン)」というものはルール(シグナル・サイン)として使えません。環境認識を分かり易くするためのものです。

 

ゴミ商材で最も多いのがライントレード系というのはもはや常識です。

 

ライントレード系は、「俺の裁量でトレードしてるぜ」というようなトレーダー的な陶酔感や楽しさがあるので人気なんですね^^;
マジうけるんだけど!!

 

チャネルラインはトレンドラインから自動的に固定されてくるので使えますが。

 

 

他には、聞いたこともない理論でトレードルールが組み立てられていても、同様に難しいんじゃないでしょうか。

 

3. 他人のトレードルールには信頼性がない

これが一番重要ですね。

 

誰かFXで勝っている(ように見える)人がいたとして、その人のトレードルールを教えてもらったとします。

 

そのルールどおりにトレードして、いきなり5連敗したとします。そうしたら、もうそのルールを使い続けることはメンタル的に不可能でしょう。

 

「アイツ、本当に勝ってんのかよ?」
「騙しやがって!!詐欺師め!」
「奴のせいで家庭が崩壊した!」
「う ん こ 投げつけてやる!」

 

となって、継続することが困難になると思います。

 

ただ、トレードにおいて5連敗くらいは発生することも当然あるわけですね。自分でルールを作って、そのルールで1000回、2000回と検証して、トータルでプラスになっていることを確認しているなら、5連敗しても、それでもプラスになるという自信を持って継続していくことができると思います。

 

 

苦労して自分で検証しているので、
そう簡単には揺るがないんですね。

あっち行ったり、こっち行ったり、
手法ループにはならないわけです。

 

しかし、みず知らずの他人、証券会社と組んで適当にそれらしくFXブログを書いてるかもしれない「自称勝ち組」の丘トレーダーが提示してくれた手法が信用できるでしょうか。

 

「元ディーラー」
「XXXX年から専業トレーダーやってます」
「毎月1500pips安定して勝ってます」

みたいなことを書いてるFXブロガーが溢れ返っているわけですから。
(今もどんどん増えてます。ひねりがないですよね)

 

他人の作ったトレードルールは、自分との信頼性がないから事実上使えないということです。正確に言うと、使い続けることができないということです。

 

まぁ、自分のトレードルールの作り方のアイデア・ヒント、参考程度になるものはあるかもしれませんが、あまりにも適当なものが多いため、私はFXブログやFX商材よりはしっかりした教科書一冊をオススメします。

 

FX相場の大衆心理を学ぶ事がチャートの動きを知ることにつながる?

 

「トレードルールを教えてください」

「絶対に秘密にするのでトレードルール・手法を教えてください。」

というような内容の、小学生以下とも思えるメッセージを2通ほどいただいたことがあります。見た時はさすがに笑いました。

 

申し訳ないですけど無視してます^^;

 

上記で書いた3つの理由を読んでいただければ、トレードルール・手法というものを他人に教えたところで全く意味がないということは理解していただけると思います。

 

仮に、トレードルールのチェックリストまで丁寧に私が作って「必ず全ての条件を満たした時のみトレードしてください」「必ずルールを守ってください」って渡したとしても、そんなふざけた姿勢の人が勝てるほどFX為替相場は甘くないでしょう。

 

ちょっと連敗しただけで、恐怖に負け、すぐに利食いのルールを破って、変な位置でエグジットし、損大利小になっていくでしょう。

 

 

ちなみにですが、トレードルールじゃなく、トレードシナリオについても、もちろん自分で作らないとマズイです。理由は今回記事で書いている内容と同じです。

 

トレードスタイルの問題もあるし、テクニカル分析の慣れ具合もありますし、信頼性の問題もあります。

 

他人の作ったトレードシナリオに流されて取引するとか、
まーありえないよね。

 

「こんな分析方法もあるんだー!」と、参考にして、自分の体内に取り入れて消化していくなら問題ないと思います。

 

ラクしようとせずに、面倒くさがらずに、
自分で、地道に地味な作業をしっかり繰り返してください。

 

勝率の高いトレードルールを作ろうとすると勝てない?

 

<心理的な関連記事>

 

<技術的な関連記事>

 

「FXは押し目買い、戻り売りだけやればいい」のトップページへ

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-01-19 00:22 | from -

Re: No title

Namida経由Ginnga行き さん

コメントありがとうございます。

> 3か月前に このブログに出会って 
> 目から鱗の思いでした
> ページを印刷していつも持ち歩いていましたw

ホントですか?wブロガー冥利に尽きますね。

> FXを始めてから ずっと損失ばかり続いていましたが
> 「リスク管理」「トレードシナリオ」を意識することで
> 翌月から 面白いほど 利益が出るようになりました。

今後も油断せず、勝ち続けてください!


> 自分も昔から 独自の手法にこだわってきたので
> 今日のお話は とても共感できる点が多くて 面白かったです。

独自手法は本当に大事ですね。
ぶっちゃけFXなんて、面倒くさがらずに
ちゃんと自分で検証して練習してトレードすれば
勝てるようにできているものです。

2013-01-20 21:31 | from とみー

トラックバック

http://oshimegai.blog.fc2.com/tb.php/66-ffd21d7d

レバレッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。