FC2ブログ

USD/JPY(ドル/円) 押し目買いのタイミングか? - FXは押し目買い、戻り売りだけやればいい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USD/JPY(ドル/円) 押し目買いのタイミングか?

★USD/JPY(ドル/円) 4時間足チャート
トレンド発生後の押し目買いと戻り売りに特化して、初心者からでも、FXトレードで月10%の利回りを実現する。
4時間足レベルでは、高値と安値の切り上げをして、強めに上昇した後、その調整中か。



★USD/JPY(ドル/円) 1時間足チャート

トレンド発生後の押し目買いと戻り売りに特化して、初心者からでも、FXトレードで月10%の利回りを実現する。
1時間足レベルでは、下降トレンド。

RSIでは、1時間足レベルのダイバージェンスをつけて一旦上昇しましたが、思った以上に勢いが出ず、下降トレンド中の小さいフラッグのようなチャートパターンになり、下にブレイクしてしている状態です。



画像の赤いラインでサポートされるかどうかを確認し、そこを下に抜けたら、7月後半から8月中旬までレンジとなっていた位置の、レンジ上限(黄色いライン)がサポートとなるかどうかを確認したいところです。


日足レベルではすでにヒドゥンダイバージェンスをつけてしまっているので、とりあえずは売り勢力の方が強いかもしれないですね。週足ではダブルボトムの形状に見えなくもないですが。




ところで、


「どうなったら『サポートされた』とか『レジストされた』って判定するの?」


という質問を受けたことがありますが、


そんなことはもちろん誰にも確実な判定は出せないんですよね^^;おそらく、そのような疑問を抱いてしまうのは、自分でも気付かないうちに、どこかで相場に絶対的な回答(いわゆる聖杯のようなもの)を求めてしまっているからではないでしょうか?


残念ながら相場に絶対はないので、結局は、どこでリスクを背負うか?ということになるんですね。なので、押し目買い、戻り売りというスタンスに特化して、小さいリスクで大きい利益を狙える場面のみトレードするわけです。


そしてそんな場面は、色々な時間軸を見てればたくさんあります。


それを繰り返していれば、必ずトータルでプラスになります。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログ記事を読まれた個人トレーダーの方々が、生涯をとおしてトータルでプラスになることを心底願っております。


↓↓↓応援クリックしていただけると更新の励みになります!


押し目買い、戻り売りとは

FXで押し目買い、戻り売りに特化する理由

押し目買い、戻り売りで取る値動き(例)

「FXは押し目買い、戻り売りだけやればいい」のトップページへ

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oshimegai.blog.fc2.com/tb.php/15-e7e6f3f7

レバレッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。